島商株式会社

島商株式会社
103-0016
東京都中央区日本橋小網町9番3号
CANAL TOWER 9階
T 03-3666-3604
F 03-3667-3250
トップページへ

headRead

English
*クリックすると大きくご覧頂けます。

■胡麻油

特徴:オレイン酸(36〜42%)、リノール酸(36〜48%)を含む。生理活性,抗酸化性を持つリグナン類を含み、酸化安定性に優れている。
風味:焙煎胡麻油は独特の色と香りを持つ。生搾り胡麻油はうま味、甘みが豊富。
用途:中国料理、天ぷら、ドレッシング、韓国料理等に用いられる。また、生搾り胡麻油については製菓用にも用いられる。

■米油

特徴:オレイン酸(40〜44%)、リノール酸(35〜37%)を含む。γ-オリザノール(成長促進,血中コレストロール低減作用)を多く含む。酸化安定性が高く、光に対して安定。
風味:独特の香ばしい香りを持ち、揚げ物がカラッと揚がる。
用途:フライ・天ぷら油、スナック菓子等のフライ用に用いられる。マーガリン、マヨネーズ用としても用いられる。

■落花生油

特徴:オレイン酸(40〜49%)、リノール酸(30〜37%)を含む。酸化安定性が高い。
風味:独特の風味や芳香がある。
用途:調理用・フライ用・マーガリン・ショートニング原料に用いられる。

■菜種(キャノーラ)油

特徴:オレイン酸(51〜66%)、リノール酸(19〜28%)を含む。オレイン酸を更に高めたハイオレイックタイプもある。
風味:軽く、淡白な風味。
用途:マヨネーズ・ドレッシングなど生食用から炒め・フライ用まで幅広く使われております。

■ひまわり油(別名:サンフラワー油)

ひまわりの種子から搾油

特徴:リノール酸(65〜75%)の他、オレイン酸、パルミチン酸などを含む。オレイン酸を75%〜85%含み加熱や酸化に強いハイオレイックタイプがある。
風味:淡黄色でクセのない淡白な風味
用途:マヨネーズ・ドレッシングなど生食用から炒め・フライ用まで幅広く使われております。

■パーム油

特徴:オレイン酸(38〜44%)、パルミチン酸(39〜46%)を含む。融点が高く常温で固体。酸化安定性に優れている。
風味:淡白な風味で油の匂いが少ない。
用途:ショートニング・マーガリン・フライ油・製菓用として用いられる。

■大豆油

特徴:リノール酸(50〜57%)、オレイン酸(20〜25%)を含む。トコフェロール(ビタミンE)が多く含まれる。
風味:独特の旨みとこくがある。
用途:マヨネーズ・ドレッシングなど生食用から炒め・フライ用まで幅広く使われております。

■綿実油

特徴:パルミチン酸(20〜30%)、リノール酸(50〜60%)程度を含む。酸化安定性に優れている。
風味:独特の風味があり、油臭さが少ない。
用途:高級な食用油として、天ぷら・フライ用、マヨネーズ、またマグロなどの缶詰用などとして用いられる。

■えごま油(しそ油)

特徴:α-リノレン酸(約61.5%)、オレイン酸(約16.7%)、リノール酸(約14.7%)などを含む。他の植物油に比べα-リノレン酸を豊富に含む。
風味:熱に弱く酸化しやすいため生食用に向く、クセのない淡白な風味。
用途:ドレッシングやマヨネーズなど生食用で用いられる。

■コーン油

特徴:リノール酸(50〜60%)、オレイン酸(25〜33%)を含む。トコフェロール(ビタミンE)が多く、酸化安定性が良い。
風味:独特の香ばしい香りを持ち、揚げ物がカラッと揚がる。
用途:生食用・炒め・フライ用として用いられる。また、スナック菓子や米菓など風味と安定性の要求される用途に用いられる。

■オリーブ油

特徴:オレイン酸(60〜80%)を含む。酸化安定性に優れている。搾油したのみの芳香のあるバージンオリーブオイルとそれを精製したファインオリーブオイル、これらをブレンドしたピュアオリーブオイルがある。
風味:バージンオリーブオイルは独特の風味と芳香がある。
用途:EXVオリーブオイルは主に生食用、ピュアオリーブオイルは炒め油やパスタ料理に用いられる。

■アボガドオイル

特徴:オレイン酸(64.4%~74.1%)、リノール酸(9.7%~18.1%)、パルチミン酸(11.8~17.8%)などを含む。アボガドの果実から得られる液体油。オレイン酸が豊富で酸化安定性に優れている。
風味:クセのない淡黄色の透明なオイルで淡白な風味。コクと旨みがあり素材の味を生かす。
用途:高温に強くドレッシングなど生食用から炒め・フライ用まで幅広く使われております。

■茶油

特徴:オレイン酸(78%~87%)、リノール酸(6~14%)、他パルチミン酸などを含む。オレイン酸含有量が高く熱安定性に優れる。
風味:緑黄色でクセのない淡白な風味。
用途:ドレッシングなど生食用から炒め・フライ用まで食用以外では整髪料としても用いられ、幅広く使われております。

■アーモンドオイル

特徴:オレイン酸(約70%)などを含む。ビタミンEを豊富に含む。
風味:コクがあり風味豊か。精製した場合、香りはほとんどしない。
用途:主にドレッシング用として用いられる。

■グレープシードオイル

特徴:ぶどうの種から抽出した植物性100%のオイルです。リノール酸(58.0%~78.0%)、オレイン酸(12.0%~28.0%)、他パルチミン酸等を含む。オリーブ油を思わせるが、組成はむしろ大豆油に似てリノール酸に富んでいる。
風味:クセがなくすっきりと軽い風味。
用途:ドレッシングなど生食用から炒め・フライ用まで幅広く使われております。

■べに花油(別名:サフラワー油)

紅花の種子から搾油

特徴:リノール酸(59〜78%)の他、オレイン酸、パルミチン酸などを含む(ハイリノールタイプ)。近年では品質改良によりオレイン酸を70%〜80%含むハイオレイックタイプがある。健康志向商品としての注目され、消費量を伸ばしてきた。
風味:あっさりとしたクセのない淡白な風味
用途:サラダ油・マーガリンの原料として用いられる。
Copyright(C)2012 Shimasho Inc. All Rights Reserved.